特設コーナー

 


●アップデートの方法

アップデート方法は、お使いのiデバイスでアップルストアーへ アクセスしてください。検索で「Photofast」と入力していただいて 検索を行うと、i-FlashDriveのアプリが出てきますのでアップデートを 実行してください。

 

●アップデート情報

i-FlashDrive Ver1.4.6について

1

クロアチア語、チェコ語、ハンガリー語、ポーランド語、スペイン語、ウクライナ語に対応

現在対応可能な18言語

アラビア語、繁体中国語、簡体字中国語、クロアチア語、チェコ語、オランダ語、英語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ハンガリー語、イタリア語、日本語、韓国語、ポーランド語、ロシア語、スペイン語、スウェーデン語、ウクライナ語

 
2

写真の横向きでの表示に対応

 

 

i-FlashDrive Ver1.4.5について

1

設定に”隠しフャイルを表示”アイテムを追加

 

 

i-FlashDrive Ver1.4.4について

1 iOS5使用における細かなバグの修正  

 

i-FlashDrive Ver1.4について

1. MP3ストリーミング
2.vCardファイル対応
3.フォトビューに「次」、「前」が追加
4.写真のサムネイル
5.ダウンロードフォルダの追加
6.ホームページのユーザーマニュアルアクセス
7.DropBoxの対応
8.カメラロールでの不具合修正

1

MP3ストリーミング

今までは、i-FlashDrive内にあるMP3ファイルを聴くためにはiデバイス(iPhone等)へ データを移動させる必要がありましたが、本アップデートによりデータを移動しなくても 曲をストリーミング機能で再生する事が可能となりました。

2

vCardファイル対応

連絡帳をバックアップ行う時に、独自のファイルとしてバックアップを行うだけでなく 他社製品へもデータ移行が出来る様にvCardファイルとして摘出可能となりました。

3

フォトビューに「次」、「前」が追加

APPで写真を見る際に、今までは連続して別の写真を見る事が出来ませんでしたが、 本バージョンから「次」、「前」ボタンが付きましたので、続けて別の写真を見る事が可能となりました。

画像の右下、花のマークを押すとカメラロールに画像を保存する事ができるのを確認しました。

4

写真のサムネイル

i-FlashDriveのAPP上「ドライブ」→「本体」では、写真ファイルがサムネイルで見る事が可能となりました。 今まではファイル名のみで、どんな写真なのかを目視で確認が出来ませんでしたが、 本バージョンから可能となりました。

5

ダウンロードフォルダの追加。

今までのバージョンでは、i-FlashDrive本体に入っている写真などを見る場合、自動的に APP本体のルートフォルダに保存されてきましたが、APP本体のルートに「ダウンロード」 フォルダが追加され、その中に一時的なファイルは保存されるようになりました。これにより ルート上にお客様が移動させていないファイルが自動的に保存される事はなくなりました。

6

ホームページのユーザーマニュアルアクセス

i-FlashDriveのAPPからHPのユーザーマニュアルへアクセス出来る様になりました。 現在は英語と中国語のみですが、日本語も近日準備いたします。使い方が分らない時にご利用ください。

7

DropBoxの対応

オンラインストレージサービスのDropboxに対応しました。お客様がインターネットで 登録を行えば(無料)、本機能を使う事が出来ます。オンラインストレージサービスとは インターネット上にデータを保管する場所を提供してくれるサービスです。Dropboxは 基本的には無料ですが、有料サービスもありますのでご注意ください。

Dropboxの使い方については弊社ではサポートしておりません。あくまでi-FlashDriveを ご利用される方の利便性を考え追加された機能です。詳しくはDropboxのサイトを ご確認ください。https://www.dropbox.com/

 

8

カメラロールでの不具合修正

以前のバージョンにてカメラロールからデータを移動させる際にアプリが閉じてしまうなどの 不具合がありましたが、本バージョンにて修正されました。ご利用の方には大変ご不便を かけまして申し訳ございませんでした。

 
9

位置情報サービスがOFFになっている場合、カメラロールから写真が取り込めない場合があった不具合について。

※バージョンにかかわらず、位置情報サービスをONにしたままお使い下さい。i-FlashDriveの仕様です。

 

以上が今回のVer1.4でのアップデート内容となります。今後も更に便利になる様アプリを アップデートしてまいりますのでご期待ください。またアプリに関するご意見、ご要望等が ありましたらお聞かせください。ご要望に対しては検討できる内容につきましては、メーカーと 協議したいと考えております。

 

i-FlashDrive Ver1.3.1について

1 映像と画像ファイルのアイコン表示が異なるようになりました。
2

VCF / DOCX / PPTX / XLSX ファイルのアイコンが表示されるようになりました。

3

位置情報サービスがOFFになっている場合、カメラロールから写真が取り込めない場合があった不具合を修正。

※バージョンにかかわらず、位置情報サービスをONにしたままお使い下さい。i-FlashDriveの仕様です。

 

i-FlashDrive Ver1.3について

1 i-FlashDrive本体またはアプリ内にファイルが複数ある時、編集モードでファイルを全選択可能となりました。
2 Ver1.2まではアドレス帳のバックアップデータがi-FlashDrive内で表示されませんでしたが、表示されるようになりました。

3 i-FlashDriveがiデバイスに接続されていない場合でも、i-FlashDriveアプリを起動させるとアドレス帳のバックアップと外付けドライブが半透明で表示されるようになりました(表示されるだけで選択は不可)
4 イタリア語、韓国語に対応しました。
5 カメラロールからデータを移動させる時に、写真のサイズ及び画質を選択できるようになりました。
6 全てのファイルが「OPEN IN」に対応しました。
 

 

Contents

●コンセプトと基本仕様

●あなたのPCからiPhoneやiPadへデータを取り込んでみよう。

●iPhoneやiPadで音楽ファイルのデータ交換に挑戦。

●ビジネスシーンで大活躍。MicrosoftOfficeのデータも閲覧できます!

●もちろん、通常のUSBメモリーのようにもお使いいだだけます。

●クラウドとは違う。次世代ストレージデバイスのこだわり。

●使用上の注意です。必ずご一読ください。